よくあるご質問

根がらみ貫とは
根がらみ貫とは、床下に立てている束木の下方を連結して、構造的に補強する部材のことを指します。続きを見る
熱貫流率とは
一方の壁に高温の流体、他方の壁に低温の流体が接している場合、高温の流体は低温の流体の方へ移動します。この現象を熱貫流と呼び、その程度を表す係数を熱貫流率(U値)と呼びます。続きを見る
熱線吸収板ガラスとは
熱線吸収板ガラスとは、原材料に微量の鉄やニッケル、コバルトなどの金属を添加し、着色したガラスのことを指します。続きを見る
熱線反射ガラスとは
熱線反射ガラスとは、フロート板ガラスの表面に金属酸化物の薄膜を焼き付けることで、日射光線を反射さています。続きを見る
網入り板ガラスとは
網入り板ガラスとは、ガラスに金属網を封入したもので火災によるガラス片の飛散防止・延焼抑制を目的としたものです。続きを見る
アルカリ鉄骨反応とは
アルカリ鉄骨反応とは、コンクリートに含まれるアルカリ性の水溶液が骨材中の特定成分と反応することで異常膨張し、コンクリートにひび割れを起こす現象のことを指します。

異常膨張を引き起こす現象は下記の3つに分類されます。
・アルカリシリカ反応 (ASR)
・アルカリシリケート反応(アルカリシリカ反応とほぼ同じ)
・アルカリ炭酸塩反応

泡消火設備とは
泡消火設備とは、水と泡消火薬材を混合したものに空気を含ませて作った「泡」によって燃焼面を覆うことで、窒息作用と冷却作用により消火する設備のことを指します。続きを見る
暗順応とは
明るい場所から暗い場所へ急に移動すると、時間の経過と共に徐々に見えるようになってきます。この自律機能のことを暗順応といいます。続きを見る
明順応とは
暗い場所から明るい場所へ急に移動すると、一瞬、眩しく感じますが時間の経過と共に徐々に見えるようになってきます。この自律機能のことを明順応といいます。続きを見る
安全上の措置等に関する計画届とは
安全上の措置等に関する計画届(建築基準法第90条の3に基づく届出)とは、規定以上の高さ(階数)および床面積を超える物品販売業を営む店舗や病院、娯楽施設等が、建物の一部を工事しつつ営業を行う場合に、使用する部分とまだ工事している部分をどのように区画し、且つ事故を防止するのかを、特定行政庁に届け出ることを指します。続きを見る

よくあるご質問