よくあるご質問

明順応とは

暗い場所から明るい場所へ急に移動すると、一瞬、眩しく感じますが時間の経過と共に徐々に見えるようになってきます。この自律機能のことを明順応といいます。

暗い場所から急に明るい場所へ移動した際に感じる眩しさは、「桿体細胞(かんたいさいぼう)」の分解が急激に促進されたことが原因で起こりますが、分解できる視細胞「ロドプシン」が減少すると見えるようになってきます。また、平行して「錐体細胞(すいたいさいぼう)」の視細胞である「ヨードプシン」の分解も促進されます。(錐体細胞は十分な光量下で色を識別します。)

一方、明るい場所から急に暗い場所へ移動すると、眼が慣れるまで時間がかかります。
明るい場所では桿体細胞のロドプシンが分解されたままの状態のため、急に暗い場所に移動すると、まずロドプシンを再合成するための時間が必要になります。

ロドプシンの分解時間の方が、再合成時間より短いため、暗い場所から急に明るい場所へ移動した時の方が目が慣れるために必要な時間が短いという訳です。

マ行 関連FAQ

よくあるご質問